ogawacafe メニュー ギャラリー カレンダー ごあんない
 

ギャラリー利用のご案内
オガワカフェでは店内壁面を2週間単位で美術・工芸・デザイン・写真等のART作品の展示にご利用いただけます。
ご希望の方はお気軽にお問合せください。

ギャラリー

風のカタチ 風のいろ ~ガラス風鈴とコップ展~
2018/6/26(火)〜7/8(日)

会期中の休業日:7/2(月)

image

夏をはこんでくる風鈴…今年で3回目のガラス作家のグループ展がはじまります

風鈴は、作り手の「遊びごころ」が生かせる題材であり、作家の感性が素直に表れてしまう少しこわい題材でもあります

夏の風を受けて揺れ、音を奏でるさまを思い描き、それぞれが自由な心で制作した「風のカタチ」と「風のいろ」をどうぞご覧ください

今年も、夏に使うのにぴったりのコップをあわせて展示いたします

カフェのやわらかな時間の中で、じかに触れ、自分だけの「ひとつ」に出会っていただければ、うれしいです
みなさまのお越しを心よりお待ちしています



〈出展作家プロフィール〉

牧野 公一「MAKINO PRODUCTION GLASS STUDIO」主宰(http://makinopro.com/
1988年、東京ガラス工芸研究所卒業。研究所勤務を経てスタジオ開設後、日本のスタジオグラスを牽引。講座講師として多くのガラス作家を指導する傍ら、築炉など設備関係でも全国の工房を支える存在。

谷口悦子
ヒコみづのジュエリーカレッジにて学び、ガラスと金属を組み合わせた作品も手がけている。
グループ展多数。Etko~ガラスと金属~として「赤坂蚤の市in ARKHILLS」への出店など活動範囲を広げる。

中山理世
東京ガラス工芸研究所公開講座で吹きガラスに出会う。
現代的な感覚でスタイリッシュなガラス器を制作している。現在MAKINO GLASS STUDIOで創作。

二瓶諒子
女子美術大学工芸学科ガラスコース卒業。個展、グループ展多数。
「調布グラススタジオ」スタッフとして勤務。

久保田かすみ
東京ガラス工芸研究所公開講座で吹きガラスに出会う。
サンドブラストで絵柄を浮かび上がらせる手法など手の込んだ作品も多い。
MAKINO GLASS STUDIOスタッフ。

矢倉典子
東京ガラス工芸所公開講座を経て能登島ガラス工房1年コース修了。
レースガラス、カット(切り子)、動物シリーズなど、多彩な技法でガラス表現に取り組む。
個展、グループ展多数。現在MAKINO GLASS STUDIO で制作。

油谷久子
東京ガラス工芸研究所公開講座で吹きガラスに出会う。
底にパンダを配したパンダぐい呑み、など和めるテーブルウエアを発表。グループ展多数。
現在MAKINO GLASS STUDIO で制作。

 

2f